メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

美女応援団をめぐって=山田孝男

 幕が上がった平昌冬季五輪、序盤の話題は北朝鮮の宣伝攻勢だった。

 独裁者の妹の微笑。美女応援団の一糸乱れぬパフォーマンス。「宣伝戦は北の完勝」と苦笑の向きもあるが、そうだろうか。

    ◇

 北朝鮮が核・ミサイル開発を放棄せぬまま、対話志向の韓国政権にしがみつく融和攻勢に出た。

 資本主義メディアも、訪韓した「独裁者の妹」のソツない外交デビューを伝えたが、彼女の微笑で、世界が北朝鮮の脅威を忘れるわけではあるまい。

 北朝鮮は明らかに五輪を政治利用している。

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです