メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

民間試験活用に批判続々 「共通テスト英語」シンポジウム

2020年度からスタートする大学入学共通テストでの、英語の民間資格・検定試験の導入を巡って白熱した議論を展開するパネリストたち=東京都文京区の東京大学で10日午後

 <kyoiku no mado>

 大学入試センター試験に代わり2020年度から始まる大学入学共通テスト。英語は民間の資格・検定試験を活用することが決まっているが、受験機会や成績の評価方法の公平性などへの不安が根強い。文部科学省の担当者や、試験を運営する業者も参加して東京大学高大接続研究開発センターが10日に開いた英語試験のあり方を考えるシンポジウムでは、文科省の方針に対し、大学の英語教員や高校の校長から批判や改善を求める意見が相次いだ。【金秀蓮】

この記事は有料記事です。

残り2404文字(全文2630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです