メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

2018年問題/2 「無期転換」を恐れる企業

無期雇用転換ルールや労働契約法について講師の説明に耳を傾ける企業の人事労務担当者ら=東京都千代田区で、塩田彩撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 非正規で働く人の雇用ルールが今年大きく変わる「2018年問題」。その中でも、有期雇用の契約が5年を超えると、無期契約への切り替えを申し込める「無期転換ルール」は4月の運用開始まであとわずかだ。実際に企業はどう動くのかを探った。

 「いったん冷酷な企業と見られたら、イメージの回復にどれだけ時間とカネがかかるのか。対策はあるのか」「正社員じゃない人に食いつぶされたら死んでも死にきれない。早く切り離すべきだ」

 昨年12月中旬、東京都内にある電器製造会社。午後1時から始まった役員会は、15分の休憩を1回入れただけで7時間近く続いた。有期雇用の従業員約600人を無期化せず、雇い止めにする方針を昨夏に打ち出したが、社長の指示で再考することに。この日に最終決定する予定だったが、議論は紛糾した。

この記事は有料記事です。

残り2134文字(全文2494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです