メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/4 セ大阪 ジンクス破り、初V挑む

セ大阪の主将に今季から就き、チームをまとめる山口(手前)

 J1に復帰した昨季は大躍進を遂げた。1993年の発足から無冠だったセ大阪がルヴァン杯と天皇杯の2冠を獲得し、J1でも過去最高タイの3位。今季はさらなる飛躍を目指すことになる。

 だが、チームにはジンクスがある。好調だったシーズンの翌年は苦しむ--。2013年のJ1で4位に入り、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)と並行して戦った14年のリーグ戦は17位。日本代表選手をそろえながら、J2に降格した。10年にJ1で初めて3位に入り、11年は初出場のACLで8強入りしたが、J1で12位。ACLを含めたタイトな日程を強いられると、調子の浮き沈みが出てしまっていた。

 今季、ジンクスに打ち勝つための策がターンオーバー制だ。リーグ戦とカップ戦でメンバーを大幅に変えた昨…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文706文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです