メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

カーリング 男子1次リーグ 日本、3勝3敗に

 (第9、10日)

 男子の1次リーグでSC軽井沢クの日本は8-2で米国に快勝。スウェーデンには4-11で敗れて、3勝3敗となった。

 米国戦は6-2で迎えた第7エンドに不利な先攻で2点を挙げて米国がギブアップ。スウェーデンには2点を追う第8エンドに5失点しギブアップした。

 女子で4勝1敗としているLS北見の日本は試合がなかった。

 世界ランキング2位のスウェーデンが相手とはいえ、思いのほか点差が開いたのには理由があった。五輪は男女合わせて20チームが参加。長丁場の大会をもたせるため、試合前にストーンが磨かれていた。司令塔の両角友は「対応力の差。実力通りというか、まだ僕らは技術が追い付いていない」と振り返った。

 ストーンを磨くことは事前に発表されていたという。ストーンを紙やすりで磨くと摩擦が増えて曲がりの幅が大きくなる。午前中に快勝した米国戦と比べてストーン2個分以上も大きく曲がった。

この記事は有料記事です。

残り1865文字(全文2260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  3. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです