メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

OAR選手、薬物陽性疑い カーリング銅メダル 露報道

 平昌五輪で採用された新種目のカーリング混合ダブルスで銅メダルを獲得したOAR(ロシアからの五輪選手)男子のアレクサンドル・クルシェルニツキー(25)から禁止薬物のメルドニウムが検出された疑いがあるとロシアのタス通信などが18日に報じた。違反が確定すれば、組織的なドーピングをしたロシアを個人資格で参加させた国際オリンピック委員会(IOC)の判断が改めて問われる。

 タス通信によれば、19日にも予備のB検体の検査結果が発表される見込み。本人は使用を否定したという。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです