メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

里見、奨励会退会へ プロ登竜門、年齢制限で

 将棋の里見香奈女流5冠(25)は18日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第62回奨励会三段リーグ戦(全18局)で連敗し、7勝9敗となった。残り2局を勝っても勝ち越せず、年齢制限の規定で今回限りでの退会が決まった。奨励会から女性初のプロ棋士へという里見の挑戦は、夢かなわず終わった。

 半年間にわたる三段リーグ戦はプロへの最終関門で、上位2人が四段に昇段、プロになる。「26歳」の年齢制限があるが、10勝8敗以上すれば、29歳までは次回リーグ戦に参加できる。

 里見が12歳でなった「女流棋士(プロ)」はこれとは別制度で、里見は女性初のプロ棋士を目指し、201…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文605文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです