メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

裁量労働 異なる前提で残業比較 首相答弁撤回

首相の国会答弁撤回を巡る経過

 裁量労働制に関する厚生労働省のデータに疑義が生じている問題で、厚労省は19日、1日の残業時間についての質問項目が一般労働者と裁量労働制の労働者で異なっていたとする調査結果を明らかにした。一般労働者は残業が最長だった日の時間を調べたのに対し、裁量労働制では単に1日の労働時間を調べていた。一般労働者の労働時間が長くなるような調査だったことになり、データの比較に問題があった。

 政府は今後、裁量労働制の対象拡大を盛り込んだ働き方改革関連法案の提出に向けて手続きを進める方針だが…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです