メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台

フラメンコとAI競演 観客もステップ体感 山口

 山口市の山口情報芸術センター(YCAM)が、スペインの現代フラメンコ界のトップダンサー、イスラエル・ガルバンさん(44)とともに、メディアテクノロジーによる表現とフラメンコの踊りを組み合わせた世界初の舞台の創作に取り組んでいる。同センターで来年2月の初演を目指している。

 ガルバンさんは、スペイン南部セビリアのフラメンコ一家に育った。現代音楽や他ジャンルのダンスとも積極的に共作し、卓越したテクニックと実験的な表現で数々の国際的な賞を受賞している。今回の共同プロジェクトは、身体表現の研究に力を入れるYCAMが打診し、ガルバンさんが快諾した。

 1月下旬、ガルバンさんは山口市に1週間滞在。YCAMのスタッフと、体の動きをデータ化してコンピューターに取り込む「モーションキャプチャー」技術や、人工知能(AI)を使った表現などを練り上げた。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  3. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 富山知事選、新人の新田八朗氏が現職らを破り当選 半世紀ぶりの保守分裂制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです