メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サントリー

がん治療の費用支援 浮いた残業代が原資

 サントリーホールディングス(HD)は、がんにかかったグループ社員に対し、健康保険が適用されない重粒子線治療などがん先進医療の費用を支援する。働き方改革で減らした残業代が原資で、1人当たり500万円を上限に補助する。

 国内企業では異例の取り組み。政府が今国会に提出する働き方改革関連法案では、残業の上限規制が盛り込まれている。減少する残業代に対する大手企業の対応が注目されており、追随する動きも出そうだ。

 サントリーはグループ社員の健康維持に取り組んでおり、士気向上や優秀な人材の獲得につながると判断した…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文833文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 春日部駅 高架化の完成目標、国認可12年後 県が説明会 /埼玉
  5. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]