メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ軍

シリアで化学兵器使用か 市民が呼吸困難訴え

 【カイロ篠田航一】トルコ軍が続けるシリア領内のクルド人勢力への軍事攻撃で、在英民間組織・シリア人権観測所は17日、シリア北西部アフリン近郊で16日にあった砲撃後に市民6人が呼吸困難を訴え、病院に運ばれたと発表した。患者の症状などから化学兵器の塩素ガスが使用された疑いが浮上しているが、トルコ外交筋はロイター通信に「根拠のない言い掛かり。化学兵器は一切使用していない」と否定している。

 報道によると、患者は呼吸困難や激しいせき、やけどなどに苦しんでおり、症状から塩素ガスが使用された疑いがあるという。トルコ軍は1月、国内の非合法組織・クルド労働者党(PKK)と連携しているとして、隣国シリアで活動するクルド人民兵組織・人民防衛隊(YPG)への攻撃を開始。現在も交戦が続いている。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです