メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ軍

シリアで化学兵器使用か 市民が呼吸困難訴え

 【カイロ篠田航一】トルコ軍が続けるシリア領内のクルド人勢力への軍事攻撃で、在英民間組織・シリア人権観測所は17日、シリア北西部アフリン近郊で16日にあった砲撃後に市民6人が呼吸困難を訴え、病院に運ばれたと発表した。患者の症状などから化学兵器の塩素ガスが使用された疑いが浮上しているが、トルコ外交筋はロイター通信に「根拠のない言い掛かり。化学兵器は一切使用していない」と否定している。

 報道によると、患者は呼吸困難や激しいせき、やけどなどに苦しんでおり、症状から塩素ガスが使用された疑いがあるという。トルコ軍は1月、国内の非合法組織・クルド労働者党(PKK)と連携しているとして、隣国シリアで活動するクルド人民兵組織・人民防衛隊(YPG)への攻撃を開始。現在も交戦が続いている。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  2. 「はやぶさ2」とカプセルの撮影に成功 京大・岡山天文台と鳥取市の施設

  3. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  4. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  5. コロナ重症病床、7都府県で使用率20%以上に 医療崩壊に現実味

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです