メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米フロリダ

銃撃後も見本市盛況 参加者は容認派多く

マイアミで開かれた銃の見本市=米南部フロリダ州で2018年2月17日、國枝すみれ撮影

 【マイアミ國枝すみれ】17人が犠牲となった米南部フロリダ州の高校銃撃事件から3日後の17日、南に65キロ離れたマイアミでは銃の見本市が始まった。一方、同州フォートローダーデールでは銃規制を求める集会が開かれ、早急な規制強化の必要性を訴えた。

 見本市では、手のひらにはいるほどの小さな銃が200ドル(約2万1000円)で売られていた。事件で使用されたとみられるAR15型半自動小銃も1500~3100ドル(約16万~33万円)で並ぶ。銃所持許可証を持つ州民はその場で購入していた。

 元連邦政府捜査官のフアン・デルガドさん(70)は「銃が悪いのではない。個人の問題だ」と話し、銃規制に反対した。自宅には3丁のAR15がある。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 広島の住宅で女性が胸など刺され死亡 県警が殺人事件とみて捜査

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです