メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障がい者スノボ

小栗大地と成田緑夢が優勝

優勝して笑顔の成田緑夢(左)と兄の成田童夢=長野県小谷村で2018年2月18日、宮武祐希撮影

 平昌冬季パラリンピック実施種目のスノーボードクロスで争う全国障がい者スノーボード選手権は18日、長野県小谷村の白馬乗鞍温泉スキー場で決勝が行われた。ともに平昌パラリンピック代表で男子大腿(だいたい)義足部門の小栗大地(三進化学工業)と同下肢障害その他部門の成田緑夢(ぐりむ)=近畿医療専門学校=が優…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悩み抱えるコロナ感染者 専門家「早めに周囲に助け求めて」 30代女性、命絶つ

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです