メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スケート

圧勝生んだ「自立」 小平奈緒「金」

 平昌冬季五輪は第10日の18日、スピードスケート女子500メートルがあり、日本選手団主将の小平奈緒(31)=相沢病院=が36秒94の五輪レコードで優勝して金メダルを獲得した。

 圧倒的な強さで、小平が世界最速の女王となった。気圧が高く、記録が出にくい低地のリンクでは史上初の36秒台。「すべて報われたような気持ち」と、3歳からスケート靴を履いた人生に思いをはせた。

 進化の道のりは、恩師からの自立の軌跡とも言える。母校・信州大の教授で、現在も指導を受ける結城匡啓(まさひろ)コーチ(52)との「出会い」は、11歳の時。長野県茅野市に生まれた小平は、1998年長野五輪で男子500メートル金メダルの清水宏保、女子500メートル銅の岡崎朋美らにあこがれて競技者を志した。長野五輪で清水を日本スケート連盟のスタッフとして支え、その後に指導者になった結城コーチの存在も程な…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  2. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです