メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

日本金2個目 メダル総数、長野に並ぶ10個

 【平昌(ピョンチャン)・岩壁峻】平昌冬季五輪は第10日の18日、スピードスケート女子500メートルがあり、日本選手団主将の小平奈緒(31)=相沢病院=が従来の五輪記録を0秒34更新する36秒94の新記録で優勝し、金メダルを獲得した。郷亜里砂(ありさ)(30)=イヨテツク=が37秒67で8位入賞し、神谷衣理那(えりな)(26)=高堂建設=は13位だった。

 スピードスケートの日本勢の金メダルは1998年長野五輪の男子500メートルの清水宏保以来2人目で、女子では初。冬季五輪の日本女子の金メダリストは長野五輪フリースタイルスキー・モーグルの里谷多英、2006年トリノ五輪フィギュアスケートの荒川静香に次ぐ3人目となった。小平は10年バンクーバー五輪の団体追い抜きと今大会の1000メートルで銀メダルを獲得しており、自身3個目のメダルを手にした。

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです