メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スケート

歓喜の思い爆発 小平の地元・長野でPV

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートル、小平奈緒の出身地・長野県茅野市や所属する相沢病院がある同県松本市であったパブリックビューイング(PV)会場では、金メダルが決まった瞬間、歓喜の思いが爆発した。

 500メートルは国内外で24連勝中と得意種目だけに地元の期待も大きく、銀メダルを獲得した14日の1000メートルを上回る人が集まった。茅野市出場選手後援会の副理事長で、長野五輪のスピードスケートでスターターを務めた山岸文典さん(70)は「五輪新記録を出しての金メダルは読み通り。これで絶対女王になった」と喜んだ。

 小平の実家近くにある公民館で応援した伯母の武井みち子さん(67)は「てっぺんに上り詰めてくれてありがとう」と感謝。小平が所属していた豊平小スケートクラブの外ノ池信翔(まさと)さん(11)は「誰もが憧れるスケートをしてくれた」と笑顔で話した。同市役所では、市立玉川小スケートクラブに通う五味優さん(12)が「自分も五輪の舞台に立ってメダルを取りたい」と目を輝かせた。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

  3. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  4. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです