メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高田守先生の生き物語り

(番外編)死体に似てない!? 死んだふり

死んだふりをするカニのシオマネキ。すきを見て逃げ出すために、はさみの間から目はこちらを向いている=高田守さん提供

 近年、クマが人里に出没し、騒ぎになることが少なくない。もし自分が遭遇したらどうしたらいいだろうか。「死んだふりで助かる」という説を聞いたことがある人は多いだろうが、現在の通説では、クマに死んだふりをすると、かえって身の危険を招くと考えられている。これは、クマが好奇心旺盛な生き物で、目の前で突然倒れた人間を引っかいたりかんだりする恐れがあるためだ。

 人間とクマの例はさておき、昆虫でも甲殻類でも両生類でも哺乳類でも、いわゆる「死んだふり」をする生き…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1075文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです