メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

安倍政権が演出「祝明治150年」の陰で 「会津は戊辰を忘れない」論

150年前の1868(明治元)年、戊辰戦争の渦中に落城した鶴ケ城。雪に覆われる中、国内外からの訪問客が絶えなかった=福島県会津若松市で2018年2月14日、藤原章生撮影

 安倍晋三政権は今年、「明治維新150年」を唱え、祝賀ムードを全国に広めようとしている。しかし、旧薩摩、長州藩(鹿児島、山口県)を主力とする「西軍(官軍)」に敗れて「賊軍」の汚名を着せられた側では、「明治維新」ではなく「戊辰戦争150年」を掲げる自治体も少なくない。「祝いじゃない。悲しみのときだ」と。怒りの記憶と、忘却について考えた。【藤原章生】

 戊辰戦争で最大の犠牲者が出た会津藩の拠点、福島県会津若松市では、薩長が率いた明治政府、その流れをく…

この記事は有料記事です。

残り2713文字(全文2937文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東日本大震災 県内の放射線量 /福島

  5. WEB CARTOP 日産は大丈夫なのか? 2019年の第一四半期決算が営業利益約99%減の事情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです