メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 長い記者人生。失敗だらけだが、たまに「良い仕事」にぶつかることもある。

 1983年夏、毎日新聞政治部は上西朗夫キャップの下、鈴木健二、橋本達明、それに僕の4人で「金権」取材班を作った。「政治は力。力は数。数はカネ」という田中角栄流が大手を振っていた頃である。

 天下党はカネをどう使って、政権を維持しているのか? それを徹底的に取材しよう。当時「社会部は反権力、政治部は自民党寄り」と言われていたから、永田町でも話題になった。

 取材班はナマの証言で「カネのやり取り」を暴露した。例えば……73年の参院大阪地方区補選の直前、当時の田中角栄首相は自民党大阪府連幹事長だった中山太郎氏の前に「キミたち、すぐにこいつを配ってくれ!」と大きなカバンを放り投げた。現ナマだった。「一体、幾らあるんですか?」「1億円だ。大丈夫だ。その筋にはちゃんと手を打っている」

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです