連載

牧太郎の大きな声では言えないが…

サンデー毎日元編集長牧太郎専門編集委員の名物コラム。原則毎週火曜日更新。政治ネタから巷の話題まで、裏の裏を知り尽くしたベテラン新聞記者が世相をぶった斬ります。

連載一覧

牧太郎の大きな声では言えないが…

官房機密費の闇?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 長い記者人生。失敗だらけだが、たまに「良い仕事」にぶつかることもある。

 1983年夏、毎日新聞政治部は上西朗夫キャップの下、鈴木健二、橋本達明、それに僕の4人で「金権」取材班を作った。「政治は力。力は数。数はカネ」という田中角栄流が大手を振っていた頃である。

 天下党はカネをどう使って、政権を維持しているのか? それを徹底的に取材しよう。当時「社会部は反権力、政治部は自民党寄り」と言われていたから、永田町でも話題になった。

 取材班はナマの証言で「カネのやり取り」を暴露した。例えば……73年の参院大阪地方区補選の直前、当時の田中角栄首相は自民党大阪府連幹事長だった中山太郎氏の前に「キミたち、すぐにこいつを配ってくれ!」と大きなカバンを放り投げた。現ナマだった。「一体、幾らあるんですか?」「1億円だ。大丈夫だ。その筋にはちゃんと手を打っている」

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文886文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集