メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 京極夏彦さん 新選組のサイコパス

京極夏彦さん

 ■ヒトごろし 京極夏彦(きょうごく・なつひこ)さん 新潮社・2916円

 本書の厚さに今までの最長作品かと思いきや、「4番目」とのこと。しかし、ひるむことなかれ。新選組の土方歳三を「人を殺したい」と思っている人物として構築し、幕末の動乱を何とも面白く読ませてしまう快作にして、怪作である。

 本書は悠久の歴史を書くという企画の中の一つ。現代が舞台の「ヒトでなし」(2015年)に続き、今回は幕末を舞台にした。

 幕末といえば明治維新、薩長、旧幕の2項対立構図だ。「しかし、明治維新はイデオロギーがそうはっきりしているわけでもない。戦いの作戦も大してなくグダグダのダメな戦争の見本」と分析する。「そこを書く時、どちらにも偏らず、一本芯が通っているものをもってくれば、双方のダメさがわかるのではないか」

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです