メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉ビズ+α

「願いのくるま」で終活支援 人生最後の旅行提供 さいたまの車会社がボランティア /埼玉

 事故車買い取り会社「タウ」(さいたま市中央区、宮本明岳社長)は、ターミナルケア(終末期医療)を受けている患者が希望する場所に無料で運び、人生最後の旅行を実現させる「終活支援ボランティア」に取り組む一般社団法人「願いのくるま」(同区)を設立した。同様の取り組みはオランダ、ドイツなどで行われており、国内では初という。

 同社は1996年創業で、国内の事故車を買い取って日本車のニーズが高い東南アジアやアフリカなど新興国に輸出。2017年9月期の売上高は過去最高の230億円。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです