メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

90歳職人

「仕事は生きがい」 シャッター製造支える 自転車通勤「雨の日は休み」 足立 /東京

作業に励む平久守さん=足立区の横引シャッターで

 足立区のオーダーメードシャッターの製造会社「横引シャッター」の平久守さん=同区南花畑=は、90歳になった今も、正社員として働いている。78歳の時に知人の紹介で入社。現在はシャッターを支える金具の一つを作っている。平久さんは「死ぬまで仕事を続けたい」と意気込む。

 東京の下町で生まれ育った。幼いころ、近所にナイフを製造する町工場があったことから「ものづくり」に興味を持った。

 20歳のころ、ハサミや包丁の溶接を主とする工場を自ら設立。長年、家族で経営してきたが、海外の安い製品の台頭で需要が減り、65歳で会社を畳んだ。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 官邸主導トップダウンできしみ 内閣官房健康・医療戦略室 vs 医療現場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです