特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

飛躍・日大三センバツへ

選手紹介/4 木代成二塁手(2年) 選球眼誇る「くせ者」 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
木代成二塁手 拡大
木代成二塁手

 <第90回記念選抜高校野球>

木代成(じょう)二塁手

 二塁の守備位置から、誰より大きな声を出しチームを勇気づける。打撃でも2番打者として勝利に貢献してきた。「2番・セカンド」で、明治神宮大会を含む昨秋の公式戦にフルイニング出場した。

 攻撃での役割は自覚している。走者を塁に置き、長打力のある主軸に回すことだ。そのために「追い込まれても簡単にアウトに取られない」。そう意識してバットを握る。

 実際、打席では、味方投手陣でさえ「投げにくい」と評す「くせ者」ぶりを発揮する。スラッガーぞろいのチームで、打率3割8厘はそう目立つわけではないが、11四死球の記録は群を抜く。選球眼の良さを生かし、つなぎに徹した証しだ。

 守備練習でノックを受けるのが一番楽しい。「仲間と一緒に盛り上がれるから」だそうだ。目標は、プロ野球・楽天の藤田一也内野手。「派手さはないけれど、難しい打球を難なくさばく堅実なプレー」にひかれる。憧れのプレイヤーに追いつこうと、自主練習で守りのレベルアップを目指す。

 投手だった小学生時代、ひじを負傷。約1年間、ボールを投げられず「当たり前にしていたことができない」体験をした。今、野球ができる喜びに浸っている。【蒔田備憲】


 右投げ左打ち▽身長174センチ▽体重75キロ▽50メートル走6秒6▽遠投100メートル

関連記事

あわせて読みたい