特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

春に翔ぶ

富山商創部100年 選手紹介/5 石黒賢一選手(2年) 韋駄天「3盗塁」宣言 /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
チーム一の俊足を誇る富山商の石黒賢一選手(2年)=富山市庄高田の同校で、鶴見泰寿撮影 拡大
チーム一の俊足を誇る富山商の石黒賢一選手(2年)=富山市庄高田の同校で、鶴見泰寿撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

 チーム一の俊足で、50メートル走は6秒2。「スタートからトップスピードに乗るまでの速さは、誰にも負けない」

 1年生の秋からベンチ入りしたが、2年の夏は外れた。「スタンドからの応援は試合での景色が違った。あの場に立ちたい」と、込み上げた悔しさをバネにした。昨秋の公式戦で三塁手としてグラウンドに戻り、強い打球から逃げないようにと「気合」をモットーに奮い立たせた。

 昨秋の県大会準決勝。高岡商戦で、強肩で知られる相手捕手から盗塁を奪えたことが自信につながった。しかし、公式戦8試合で盗塁は2にとどまった。「出塁率が低く、全体的にフライが多かった」と分析する。

 足という強みを生かすため、冬場はバントや、広角に強く低い打球を打ち返せるようティー打撃を繰り返す。さらに走力向上を意識。腰周りの体幹の筋肉を鍛え、瞬発力を高めるため、両足ジャンプなどの練習に取り組む。

 憧れの甲子園ではチームの韋駄天(いだてん)として宣言する。「1試合3盗塁を決めたい」【鶴見泰寿】

次に読みたい

あわせて読みたい