特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

’18センバツ・高きを仰ぐ

静高2年連続の挑戦 選手紹介/15 外野守備に自信 片平吉信選手(1年) /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
片平吉信選手 拡大
片平吉信選手

 <第90回記念選抜高校野球>

 父と兄の影響で幼い頃から野球に熱中した。中学時代に所属していたチームでは、3年生の時に冬の全国大会でベスト4に進出。主将を任された経験から、現在は1年のまとめ役として奮闘する。

 将来の夢は「グラブ職人」。中学1年で、初めて自分で選んだグラブを買ってもらった。自分の体格や手触りを考え抜いて選んだグラブに愛着が湧き「できるだけ大切にしよう」と丁寧に手入れするようになった。

 「見た目はつやつやで、触るとしっとりしているのが好き」。休日の前には1時間ほどの手入れを欠かさない。砂やほこりをブラシで落とし、5種類ほどのオイルを使い分けて保湿する。

 大切に使うグラブでの外野守備に自信がある。同級生の樋口裕紀選手(1年)も「1歩目の判断が速い」と話す身のこなしで、昨秋は県中部地区大会から登録メンバーに入った。「まずレギュラーとして出て、守備で試合の流れが変わるようなプレーがしてみたい」と目標を語る。【大谷和佳子】=つづく

関連記事

あわせて読みたい