メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ココクール・マザーレイク・セレクション

湖国で紡がれる物語/18 国産薪ストーブ「Ritsh」 /滋賀

針葉樹生かし、里山整備 溶岩石で温度キープ

 「里守」を音読みして「Ritsh(リッシュ)」と命名された薪ストーブ。ガスや電気の普及で昔のように山の柴木をとることもなくなり荒れていく里山の針葉樹を薪として活用し、里山の整備・保全につなげようと開発されました。薪に適した広葉樹と異なり、針葉樹は火がつきやすいけれど消えやすく、燃やすと1000度を超える高温になるので、薪ストーブにはほとんど使われてきませんでした。

     そこで、鍛冶職人が一つ一つ手作りで細部までこだわり抜いて、針葉樹の間伐材を利用できる薪ストーブを完成させました。台形型のスタイルは、アメリカのシェイカーストーブがベースのシンプルで安定感のあるデザイン。厚みのある鋼板で頑丈に作り、内部に溶岩石を組み込むことで蓄熱性を高め、温度を持続させる工夫をしています。

     ガラス窓から見ることのできる炎のゆらめきや薪のはぜる音は、「見飽きることがない」「心が落ち着く」などと高く評価されており、使うほどにその魅力に引き込まれていきます。(原則、火曜隔週掲載)<文・写真は県商工政策課>


    メモ

     リッシュ(限定生産)32万円(税抜き)。別途煙突工事費用が必要。

     鍛鉄工房 室(むろ)

     東近江市鯰江町2180-2。0749・46・8739。


     「ココクール マザーレイク・セレクション」公式ホームページ(https://www.kokocool-shiga.jp/)をぜひご覧ください。一つ一つのセレクションの詳細も掲載。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
    2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
    3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
    4. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
    5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです