メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

広島 広島はしご牡蠣 各店の多様な料理満喫 おでんやコロッケ…工夫こらし /中国

「広島赤焼き えん 駅西本店」の「マシマシ牡蠣」。この日、乗った牡蠣は20粒=広島市南区大須賀町の同店で、小山美砂撮影

昨秋スタート、117店参加

 まるで「はしご酒」のように、大好きな牡蠣(かき)を、いろんな味で、たらふく食べて歩きたい。そんな牡蠣好きの願いをかなえるキャンペーン「広島はしご牡蠣」が、昨年10月にスタートし、人気を集めている。県内の117店舗が参加。各店は工夫をこらし、フライやオイル漬けなどの定番はもちろん、おでんやギョーザといった独自の牡蠣料理を提供している。【小山美砂】

 生産量日本一を誇る広島の牡蠣をPRしようと、県観光課が企画。さまざまな店の牡蠣料理を求めて街を巡る…

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1117文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです