特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

選手紹介/2 明徳義塾・安田陸捕手/高知・島内優成主将 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明徳義塾の安田陸捕手=高知県須崎市浦ノ内下中山の同校グラウンドで、松原由佳撮影 拡大
明徳義塾の安田陸捕手=高知県須崎市浦ノ内下中山の同校グラウンドで、松原由佳撮影

 <センバツ2018>

考え生かす配球 明徳義塾・安田陸捕手(1年)

 小学3年から本格的に野球をスタート。小学5年以降は捕手一本だ。捕手の魅力を尋ねると「打者を抑えることが楽しい」と笑顔を見せる。

 昨秋の新人戦から上級生に交じり、メンバー入り。先輩への相談や自分のアイデアを基に配球を考えてきた。当初は自身のミスで練習試合に敗れ、悔しい思いをしたが、試合後、脳内で場面を思い返すことで、修正を重ねてきた。

 初めての甲子園を前に「観客みんなを『おー』と言わせるようなプレーをしたい」と意気込む。

 明徳義塾中出身。179センチ、81キロ。

勝利導く司令塔 高知・島内優成主将(2年)

高知の島内優成主将=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影 拡大
高知の島内優成主将=高知市尾立の同校グラウンドで、岩間理紀撮影

 ナインが絶対的な信頼を寄せるキャプテン。「チームが悪い状態でも、流れを変えることのできる選手になりたい」と話し、甲子園では「『攻めて勝つ』。そのためにチームを率いることができたら」と力を込める。

 試合では、扇の要の司令塔として、個性豊かな投手陣をリード。「対戦相手の特徴をつかみ、しっかり導きたい」。誓うのは、自らを鍛え、支えてくれた中学時代の恩師らへの「恩返し」のプレーだ。

 最大の武器の強肩で「盗塁を刺して、チームを勢いづかせることができたら」。

 高知中出身。172センチ、67キロ。

次に読みたい

あわせて読みたい