メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県警

イクボス宣言 仕事と家庭、両立の部下支援 本部長ら幹部40人、意識改革図る 県内官公庁で2例目 /佐賀

小津さん(左)の講演を受ける県警幹部たち

女性管理職、比率上昇も図る

 県警は、幹部が仕事と家庭の両立に取り組む部下を支援する「イクボス」を宣言した。県内の官公庁では武雄市に次いで2例目。三田豪士本部長ら幹部約40人が講習を受けて意識改革を図った。【関東晋慈】

 県警は管理職のマネジメント能力の向上を目指し、県立男女共同参画センター「アバンセ」が実施している講座に参加。9日、NPO法人「ファザーリング・ジャパン九州」の小…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです