裁量労働制

比較「不適切」 厚労省、異なる調査使う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省の労働時間の調査方法
厚生労働省の労働時間の調査方法

 裁量労働制に関する厚生労働省の調査データに疑義が生じている問題で、厚労省は19日、一般労働者には「最長の残業時間」を尋ねていたものの、裁量労働制で働く人には単に労働時間を聞いていたことを明らかにした。質問の異なる調査を比較して「裁量労働制の方が働く時間が短い」としていたが、担当者は条件の違いを認識せず集計したという。厚労省は「意図的ではなかった」と釈明するが、野党は追及を強める方針だ。

 加藤勝信厚労相は19日の衆院予算委員会で「一般労働者と裁量労働制で異なる仕方で選んだ数値を比較していたのは不適切だった。深くおわびする」と陳謝。菅義偉官房長官も記者会見で「極めて不適切だった」と厚労省の対応を批判する一方、働き方改革関連法案を今国会で成立させる政府の方針に変わりはないと強調した。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文884文字)

あわせて読みたい

注目の特集