メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁量労働制

比較「不適切」 厚労省、異なる調査使う

厚生労働省の労働時間の調査方法

 裁量労働制に関する厚生労働省の調査データに疑義が生じている問題で、厚労省は19日、一般労働者には「最長の残業時間」を尋ねていたものの、裁量労働制で働く人には単に労働時間を聞いていたことを明らかにした。質問の異なる調査を比較して「裁量労働制の方が働く時間が短い」としていたが、担当者は条件の違いを認識せず集計したという。厚労省は「意図的ではなかった」と釈明するが、野党は追及を強める方針だ。

 加藤勝信厚労相は19日の衆院予算委員会で「一般労働者と裁量労働制で異なる仕方で選んだ数値を比較していたのは不適切だった。深くおわびする」と陳謝。菅義偉官房長官も記者会見で「極めて不適切だった」と厚労省の対応を批判する一方、働き方改革関連法案を今国会で成立させる政府の方針に変わりはないと強調した。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです