メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピード女子、追い抜き好発進

女子団体追い抜き1回戦で滑走する(手前から)高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那=江陵オーバルで2018年2月19日、佐々木順一撮影

 【平昌(ピョンチャン)・岩壁峻】平昌冬季五輪第11日の19日は、スピードスケート女子団体追い抜きがあり、1500メートル銀、1000メートル銅メダルの高木美帆(23)=日体大助手=ら3人で臨んだ日本は1回戦を突破し、準決勝進出を決めた。21日の準決勝ではカナダと対戦。男子500メートルは山中大地(27)=電算=の5位が日本勢最高。2010年バンクーバー五輪銅メダルの加藤条治(33)=博慈会=は6位…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです