メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

映像は訴える=玉木研二

 <ka-ron>

 1990年代、旧ユーゴスラビアの武力紛争で、戦場の惨劇を目の当たりにした子供たちの絵が国を超え、無言で心の深手を訴えた。

 だが、今も世界各地の戦場で子供の受難は絶えない。

 内外の作品が集まる「恵比寿(えびす)映像祭」(25日まで)を開催中の東京都写真美術館で「ワンダーランド」を見た。シリアの戦場からトルコへ逃れた13歳の少年が映像に登場し、目に焼き付けた現実をカメラに向かって伝える。

 少年は耳が聞こえず、言葉を発しない。殺りくが繰り返されるさまを、全身を使った身ぶり手ぶりで表現する…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです