メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・記者の目

旧優生保護法、強制不妊手術問題 国は早期の謝罪と補償を=遠藤大志(仙台支局)

旧優生保護法の下で強制された不妊手術について国に損害賠償を求めた訴訟の会見で、被害者や関係者の連帯を示すために作ったピンクのリボンを手に持つ原告の義姉=仙台市青葉区で2018年1月30日、喜屋武真之介撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された宮城県の60代女性が1月、「子どもを産み育てるという憲法13条で保障された自己決定権や幸福追求権を侵害された」として、全国初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こした。私は問題を取材するまで、この法律について何も知らなかった。しかし、取材を進めれば進めるほど、この問題を決して無関心で済ませてはいけないと感じている。

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文1980文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです