メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・記者の目

旧優生保護法、強制不妊手術問題 国は早期の謝罪と補償を=遠藤大志(仙台支局)

旧優生保護法の下で強制された不妊手術について国に損害賠償を求めた訴訟の会見で、被害者や関係者の連帯を示すために作ったピンクのリボンを手に持つ原告の義姉=仙台市青葉区で2018年1月30日、喜屋武真之介撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された宮城県の60代女性が1月、「子どもを産み育てるという憲法13条で保障された自己決定権や幸福追求権を侵害された」として、全国初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こした。私は問題を取材するまで、この法律について何も知らなかった。しかし、取材を進めれば進めるほど、この問題を決して無関心で済ませてはいけないと感じている。

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文1980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです