メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米家計部門の債務調整と金融政策=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 米国経済の成長と金融政策とのつながりが従来型に移行する。2008年の大不況の到来と、その後負債圧縮を経て、調整完了後には家計部門の債務が増加した。

 2月13日にニューヨーク連銀から昨年10~12月期の家計部門の負債統計が発表された。前期比の借り入れ増は住宅抵当で1・6%、自動車ローンで0・7%、クレジットカードローンで3・2%、奨学金ローンで1・5%だ。家計部門の債務残高は、底をつけた13年4~6月期から17・9%増加した。08年7~9月期をピークとして、債務残高は19四半期連続減少し、その後、14四半期連続の増加となった。

 黒田東彦日銀総裁の就任時が米国家計部門の債務水準調整の底で、その後は回復した。家計債務の構成は、70%弱が住宅抵当ローン、自動車ローンと奨学金ローンが10%前後で続き、クレジットカード・ローンが5%程度だ。債務水準全体は昨年1~3月期に08年のピークを越えたが、住宅抵当融資だけをみると、ピークを4・4%下回る。債務調整未完了の州が残るからだ。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです