メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米家計部門の債務調整と金融政策=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 米国経済の成長と金融政策とのつながりが従来型に移行する。2008年の大不況の到来と、その後負債圧縮を経て、調整完了後には家計部門の債務が増加した。

 2月13日にニューヨーク連銀から昨年10~12月期の家計部門の負債統計が発表された。前期比の借り入れ増は住宅抵当で1・6%、自動車ローンで0・7%、クレジットカードローンで3・2%、奨学金ローンで1・5%だ。家計部門の債務残高は、底をつけた13年4~6月期から17・9%増加した。08年7~9月期をピークとして、債務残高は19四半期連続減少し、その後、14四半期連続の増加となった。

 黒田東彦日銀総裁の就任時が米国家計部門の債務水準調整の底で、その後は回復した。家計債務の構成は、70%弱が住宅抵当ローン、自動車ローンと奨学金ローンが10%前後で続き、クレジットカード・ローンが5%程度だ。債務水準全体は昨年1~3月期に08年のピークを越えたが、住宅抵当融資だけをみると、ピークを4・4%下回る。債務調整未完了の州が残るからだ。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです