メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jリーグ第2章

26年目の開幕/5 名古屋 新外国人加入、底上げ

今季から名古屋に加わった元ブラジル代表のジョー(右)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで2018年2月13日、藤田健志撮影

 初のJ2降格から1年でJ1復帰を果たした名古屋は、攻撃的なスタイルを構築した。「勝ち、負けだけではお客さんが入らない時代。相手サポーターも『見たい』と思うサッカーをやりたい」と就任2年目の風間八宏監督(56)は息巻く。昨季J2最多85得点の攻撃陣は、元ブラジル代表FWジョー(30)の加入で厚みを増した。

 ジョーは長い距離のシュートを狙え、192センチの長身を生かした空中戦も武器。2014年ブラジルワー…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです