メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

不妊手術、記録を公表 審査の93%「適切」 北海道

 旧優生保護法(1948~96年)下で全国最多の障害者への強制不妊手術件数となった北海道は19日、記録が確認できた62~73年度に道の優生保護審査会が1210人を審査し、うち93%に当たる1129人について実施を「適切」と判断していたとする調査結果を発表した。この期間に実際に手術をした人数(485人)の2・3倍に当たる。行政や医師らが申請や審査の段階で積極的に手術を増やそうとしていた実態が浮かびあがった。

 道は手術が適切とされながら手術しなかった人が多い理由について「分からない」としている。この日の発表…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文860文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです