メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

薬物疑い、仲裁裁が審議 OAR選手、本人は否定

 【平昌・田原和宏】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は19日、平昌冬季五輪のドーピング違反を巡り、個人資格で出場する「ロシアからの五輪選手(OAR)」で、カーリング混合ダブルスで銅メダルを獲得した男子のアレクサンドル・クルシェルニツキー(25)の審議を始めると発表した。

 タス通信などによれば、禁止薬物のメルドニウムが検出された疑いがある。

 CASは、陽性反応の有無など具体的な事実は公表しておらず、聴聞会の日程なども未定としているが、ドーピング違反の有無やメダルの取り扱いについて審議されると見られる。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです