職人

78歳で入社、90歳正社員 シャッター製造支える

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
作業に励む平久守さん=東京都足立区の横引シャッターで
作業に励む平久守さん=東京都足立区の横引シャッターで

 東京都足立区のオーダーメードシャッターの製造会社「横引シャッター」の平久守さん=同区南花畑=は、90歳になった今も、正社員として働いている。78歳の時に知人の紹介で入社。現在はシャッターを支える金具の一つを作っている。平久さんは「死ぬまで仕事を続けたい」と意気込む。

 東京の下町で生まれ育った。幼いころ、近所にナイフを製造する町工場があったことから「ものづくり」に興味を持った。

 20歳のころ、ハサミや包丁の溶接を主とする工場を自ら設立。長年、家族で経営してきたが、海外の安い製品の台頭で需要が減り、65歳で会社を畳んだ。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文525文字)

あわせて読みたい

ニュース特集