路面に残り盲導犬ユーザー困惑 点字ブロック消え危険

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
盲導犬を連れて雪道を歩く赤塚さん。降雪の影響で点字ブロックが途中で消えている=新潟市中央区で
盲導犬を連れて雪道を歩く赤塚さん。降雪の影響で点字ブロックが途中で消えている=新潟市中央区で

 まとまった雪が降り続く冬本番の新潟県内で、路面や歩道に残る雪が盲導犬ユーザーの頭を悩ませている。除雪により普段ない段差や障害物が現れたり、積雪で点字ブロックが消えたりして危険が一層増すためだ。日本盲導犬協会仙台訓練センター(仙台市青葉区)が12日、新潟市中央区で開いた勉強会に参加して、ユーザーの切実な悩みを聞いてきた。【堀祐馬】

 勉強会には弱視や全盲のユーザーとその家族ら約10人が参加。はじめに、全盲の赤塚セツさん(72)=新潟市中央区=らが盲導犬と共に雪道歩行を体験した。赤塚さんは「道路が凍っていると滑って怖い。普段ない雪の段差があったりして大変」と話した。「冬はなるべく外には出歩かないようにしている」というユーザーもいた。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文967文字)

あわせて読みたい

注目の特集