メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市

地元で結ぶ絆 女性カップル、認証制度で宣誓へ

結婚式で履いたガラスの靴を手に笑顔を見せる亀井咲希さん(左)と鳥越美里さん=福岡市中央区で2018年2月18日、遠山和宏撮影

 福岡市西区の女性カップルが、同市が来年度から始めるLGBTなどの性的少数者のカップルへの公的認証制度を利用した「パートナーシップ宣誓」を予定している。同制度の導入は九州では初めて。慣れ親しんだ福岡の地で認証を受けられる喜びを感じつつ、LGBTへの理解が広がるよう期待している。

 制度を利用するのは、亀井咲希さん(23)と鳥越美里さん(21)。亀井さんは中学、鳥越さんは高校で女性が好きだと気づいた。2016年10月に交際を始め、昨年9月から同居している。11月には福岡市博多区の公園であったLGBTのイベントで「結婚式」を開き、誓いの言葉を述べ指輪も交換した。

 しかし、匿名で質問を受け付けるインターネットのアプリを利用する中で「『本物の式』はいつやるのか?」…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  3. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  4. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです