西宮市

「市長は無責任の極み」欠席辞職に批判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 姿を見せないまま数々の物議を醸した市長が辞職した。取材中の記者に「殺すぞ」などと暴言を吐き、批判を受けていた兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)。辞職同意を採決する20日の市議会にも出席せず、辞職理由は「一身上の理由」と伝えただけ。自らの口で説明しようとしない姿勢に「無責任極まりない」と市民から批判の声が上がった。

 午前11時過ぎの本会議。今村市長の辞職の同意について採決した直前には、無所属の四津谷薫議員が発言に立ち、「本人はこの場でも、退職願を出した時にも理由を語らず、無責任極まりない」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文816文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集