裁量労働

政府防戦に追われる 「イメージ戦略」裏目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
裁量労働制を巡る政府の主な国会答弁
裁量労働制を巡る政府の主な国会答弁

厚労省、13年調査「不適切だった」と認める

 安倍晋三首相が裁量労働制に関する答弁を撤回した問題で、厚生労働省は19日、2013年の調査データのまとめ方が不適切だったと認めた。首相や加藤勝信厚労相はこれまでの答弁で、働き方改革関連法案で裁量労働制を拡大する「効果」をアピールするためにデータを引用しており、今後の法案審議への影響は必至だ。野党は加藤氏の閣僚辞任や法案撤回を要求し、月内に法案を国会へ提出する方針だった政府側は防戦に追われた。【水脇友輔、高橋克哉】

 「厚労省が答弁のために首相に事前説明した中に、あのデータが入っていたんだ。首相が『持ってこい』と言ったわけじゃない」。首相官邸幹部は19日、厚労省の混乱ぶりに怒りを隠さなかった。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文748文字)

あわせて読みたい

注目の特集