メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジア

不敬罪の新設、検討 政権批判「口封じ」策か

カンボジア政界の構図

 【バンコク西脇真一】カンボジアのフン・セン政権が、国王に対する不敬罪の新設を目指している。新設のための憲法や刑法の改正案は既に下院を通過し、近く上院も可決する見通し。これまで政権は、最大野党・救国党を解党に追い込んだり、反政権のメディアに圧力を加えたりし、強権化が指摘されてきた。7月の下院選を控え、不敬罪が政権批判の「口封じ」策として政治利用されないか、国際人権団体などが懸念している。

     救国党が下院に有した議席は既に与党、人民党などに配分されており、14日に下院は法案を全会一致で可決した。国王を侮辱したとして有罪になれば、最高で禁錮5年、罰金1000万リエル(約26万円)が科される。

     カンボジア憲法は国王を「国家の統合と永続の象徴」などと規定。地元メディアによると、フン・セン首相は「協力してカンボジアの独立、主権を守り、部外者の干渉にも対抗すべきだ」などと、法改正の必要性を説明している。現在の国王は故シアヌーク国王の息子で2004年に即位したシハモニ国王。

     一方、不敬罪新設は、下院選をにらんだ動きとの見方もある。13年の前回選挙は、フン・セン首相への批判から救国党が躍進。さらに、救国党は「選挙に不正があった」として結果の受け入れを拒否し、国会をボイコットする構えを見せた。

     この際、シハモニ国王は与党・人民党と救国党との仲裁に動いたが、不調に終わった。国王は国会を招集し人民党の要請通り、フン・セン氏を再び首相に指名。救国党や支持者らを失望させた。

     ある政府関係者は「国王に政治対立の調停役を期待する向きもあるが、一部の救国党関係者は反国王派とみなされている」と話す。

     不敬罪は隣国タイにもあり「異なる意見を封じる政治的な目的で適用されている」との批判が強い。カンボジアでの新設の動きに国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は「露骨な独裁主義へと向かっている」と批判している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞
    2. 和歌山資産家変死 会社事務所を家宅捜索 殺人容疑で
    3. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
    4. 地震 大阪・震度6弱 死者5人、負傷408人に 住宅一部損壊、500棟超す
    5. クローズアップ2018 加計氏、根拠なき強弁 「首相面会、記憶も記録もない」「虚偽、指示せず」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]