メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジア

不敬罪の新設、検討 政権批判「口封じ」策か

カンボジア政界の構図

 【バンコク西脇真一】カンボジアのフン・セン政権が、国王に対する不敬罪の新設を目指している。新設のための憲法や刑法の改正案は既に下院を通過し、近く上院も可決する見通し。これまで政権は、最大野党・救国党を解党に追い込んだり、反政権のメディアに圧力を加えたりし、強権化が指摘されてきた。7月の下院選を控え、不敬罪が政権批判の「口封じ」策として政治利用されないか、国際人権団体などが懸念している。

 救国党が下院に有した議席は既に与党、人民党などに配分されており、14日に下院は法案を全会一致で可決…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです