米乱射

ネットにロシアからの投稿急増 世論操作工作か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】米南部フロリダ州の高校での銃乱射事件の発生後、ロシアから発信された事件や銃規制に関連する投稿がインターネット上に急増している。特定のキーワードを含む投稿をコピーし自動的に拡散し続ける「ボット」と呼ばれるプログラムを使用した、世論操作工作の可能性があるという。米月刊誌ワイヤード(電子版)が伝えた。

 ワイヤードによると、ロシアの宣伝工作に使われているとみられる約600アカウントの投稿やハッシュタグ(検索の目印)で、事件現場の自治体や容疑者の名前、「今すぐ銃規制を」「NRA(全米ライフル協会)」などのキーワードが急増、事件関連の話題一色になった。投稿を増やすことで銃規制に関する世論の対立をあおり、混乱を生じさせることが狙いとの指摘がある。

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文416文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集