青梅市

吉川英治記念館 寄付受け入れへ 存続に向けて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都青梅市の観梅の名所「吉野梅郷」にある吉川英治記念館=同市内で2018年2月14日午前、熊谷泰撮影
東京都青梅市の観梅の名所「吉野梅郷」にある吉川英治記念館=同市内で2018年2月14日午前、熊谷泰撮影

 入館者の落ち込みなどで閉館の危機にある東京都青梅市の吉川英治記念館について、同市の浜中啓一市長は19日の記者会見で、存続に向け記念館側から土地や建物の寄付を受け入れる考えを明らかにした。市は今後、新たに生じる運営経費などについて市議会に諮り、詳細を詰める方針だ。

 記念館は1977(昭和52)年に開館。「新・平家物語」などで知られ、国民文学作家と称された英治が終戦前後に執筆に励んだ旧吉川邸を記念館として公開し…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

注目の特集