メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

北海道が記録公表 審査93%を「適切」

旧優生保護法下、記録ある1962~73年度

 北海道は19日、旧優生保護法(1948~96年)下での障害者らへの強制不妊手術について、記録がある1962~73年度に道の優生保護審査会が1210人を審査し、うち93%に当たる1129人について実施を「適切」と判断していたことを明らかにした。この期間に実際に手術をした人数(485人)の2.3倍に当たる。北海道は全国で最も強制不妊手術の件数が多いが、申請や審査の段階で、行政や医師側が積極的に手術を増やそうとしていた実態が浮かびあがった。

 道は手術が適切とされながら手術しなかった人が多い理由について「不明」としている。道によると、手術が…

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです