メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よりそうSPECIAL INTERVIEW

美学から障害を探る伊藤亜紗さん 違いを知ることから

伊藤亜紗さん=根岸基弘撮影

毎日新聞創刊146周年記念特集

 障害者と健常者の体の使い方や感じ方の「差異」に注目するなど、独自の視点で研究する東京工業大リベラルアーツ研究教育院の伊藤亜紗准教授(38)。視覚障害や吃音などさまざまな障害がある約50人に、道順を覚えるなどの日常動作や泳ぐ、走るなどスポーツをする際、どのようなアプローチで達成しているかを問い、それを表現する言葉を当事者と共に探してきた。インタビューの内容はホームページでも公開。そのやりとりからは障害者が健常者にサポートされるだけではない、対等な関係が浮かぶ。伊藤准教授は「当事者自身を探る、共同研究のような感じです」と笑顔で語る。

 専門は福祉ではなく、美学・現代アート。「美学とは哲学の仲間で、芸術や感性など言語化しにくいものを言…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 映画 「愛と法」 日本社会の見えにくい問題を可視化したかった
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 全国障害者スポーツ大会 「仮面女子」猪狩ともかさん応援
  5. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです