メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 2月10日、石牟礼道子さんが亡くなった。河出書房新社の「世界文学全集」には、日本人作家の長編として唯一、石牟礼さんの「苦海浄土」が収められている。その責任編集者であった池澤夏樹さんは、「本当はもっと早くから、世界的に評価されるべき作家だった」と朝日新聞にコメントした。

 私もそう思う。石牟礼道子こそノーベル文学賞にふさわしい作家である。しかし石牟礼文学は地域の土の上で生きてきた人たちの話し言葉が土台になっていて、その息吹で書かれている。翻訳がもっとも難しい文学のひとつなのだ。

 このコラムで1回は「苦海浄土・三部作」と毎日新聞西部版「不知火のほとりで」のことを、そしてもう1回…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです