メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミュージカル

「ブロードウェイと銃弾」 城田が変化見せる=評・小玉祥子

 ウディ・アレン監督の同名映画が原作のミュージカル。ブロードウェーのショービジネスが題材である。アレン、ダグラス・マクグラス原作、アレン脚本、スーザン・ストローマン・オリジナル振り付け、福田雄一演出。

 1920年代のニューヨーク。売れない劇作家デビッド(浦井健治)にブロードウェーデビューのチャンスが訪れるが、ギャングのニック(ブラザートム)は愛人オリーブ(平野綾)の女優起用を出資の条件とし、子分のチーチ(城田優)を目付け役に送り込む。

 チーチの芝居への口出しを疎ましく思っていたデビッドだが、指摘の的確さに、ついには作劇まで頼るように…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです