メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

BS-TBS「にっぽん!歴史鑑定」プロデューサー・広井紀年さん 不思議な巡り合わせに感心

BS-TBS「にっぽん!歴史鑑定」プロデューサー・広井紀年さん

 戦国時代を中心に歴史が好きで、2年前にBS-TBSに移ってから、「歴史番組をやってみたい」と思っていた。昨年10月、「にっぽん!歴史鑑定」(月曜午後10時)の担当となり、夢がかなった。

 26日は「2・26事件」(1936年)が起きた日に当たる。日本が戦争に突き進む要因ともなった事件だが、教科書では短く触れられる程度。これまで150回近い同番組の中でも、近現代のテーマはそれほど扱ってこなかったが、「この事件をきちんと知ることは重要だ」と考え、当日放送の番組で2・26事件を取り上げることにした。

 陸軍の青年将校が首相官邸や警視庁などを襲撃し、高橋是清蔵相らを殺害したクーデター事件。事件が29日(当時はうるう年)まで4日間も続いたこと▽岡田啓介首相と間違われて顔が似ていた首相秘書官が殺害されたのは、首相の写真額のガラスが割れていたことも要因だった--など知らないことが多かった。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. コロナは政治を変えたのか 中北教授が読む与党の「慢心」と野党に欠ける「帆」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです